スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史講演会・パネルディスカッション案内

歴史講演会・パネルディスカッション案内

  高知県観光ガイド研修会・個別勉強会(レベルアップ研修ガイド養成講座)
  参加費無料   定員80名(先着)迄と致します。申込みは末尾参照

演 題:小説「最後の武田」と長篠・設樂原の戦いの真相について
講 師:最後の武田 著者  片 岡 昌 一 氏
日 時 : 平成28年 3月27日(日曜)  午後2時~午後4時
場 所 : 高知県吾川郡仁淀川町大崎158
      大崎地域集会所 (旧大崎小学校2階)


aaaaa199.jpg
講師の片岡氏(右)と織田氏(左)長篠・設樂原にて出会い。

講師片岡昌一氏のプロフィール
:仁淀川町加枝出身、一等航海士の資格を持ち一時期外国航路に従事し、退職後横浜で事業を興し活躍中。             合間を見て我がルーツを研究するなか最後の平家を発行、続いて最後の武田を発行し現在は横浜に在住。



*パネルディスカッション 午後3時~4時
  < 戦国の著名人を招いての豪華な名士が参加いたします。 > 

・ コーディネーター  坂本世津夫氏 aaaaa22.jpg
坂本世津夫氏は、愛媛大学教授(地域連携コーディネーター)・地域情報化アドバイザー(総務省)・ICT地域マネージャー(総務省)・地域活性化伝道師(内閣官房)・一般社団法人日本テレワーク協会アドバイザー・現代龍馬学会(理事)・「地域産業おこしに燃える人」(内閣官房・経済産業省)等の職歴者。

・ パネラー紹介
1,片岡昌一氏  aaaaa199.jpg
片岡昌一氏は、最後の平家の著者でもあり、わがルーツを研究する中で源平合戦の戦いは山口の壇ノ浦ではなく、屋島の檀ノ浦との説を主張し、最後の武田では設樂原の戦いでは武田方の布陣は反対だったとか、勝頼は影武者説を取り、土佐に来たと自説を問い掛けています。

2,織田信和氏  aaaaa1999.jpg
織田信和氏は、織田廟宗家13世、愛知県新城市設樂原で長篠の戦いが有った設楽原での武田家慰霊祭で出会いました。織田家宗家の重みを感じる方です。今回初めて武田勝頼の史蹟を調査に伺うとの事で参加をお願いしました。長篠で対峙した信長と勝頼の話などが期待されています。

3、中津攸子氏  o0600040312244638430.jpg
中津攸子氏は、女流小説家・日本ペンクラブなどに所属広く知られた方です。武田家の女達などの小説が有ります。最近では「東北は国のまほろば(日高見国の面影)や、かぐや姫など古代歴史は得意分野で戦国時代特に武田信玄に関する図書が多いかたで今回は3回目の来町となります。

4,岡林照壽氏  1326271191096724600.jpg
岡林照壽氏は、平成20年10月16日武田勝頼土佐の会を立ち上る。会長として今日まで史蹟を活用した町歩きガイドなどで街おこしに奮闘している。独自の歴史研究と影武者説から武田勝頼は土佐に落ち延びて長宗我部氏と共に活躍したことや、側室や子供達が一緒に来た根拠を発表します。


  案     内
  ○ 主 催  武田勝頼土佐の会
  ○ 共 催  高知県観光ガイド連絡協議会  仁淀川町の観光を考える会
  ○ 後 援  仁淀川町  仁淀川町観光協会      
* 参加申込み:3月25日までに電話・FAX・メールにて下記までご連絡下さい。住所・名前
781-1501高知県吾川郡仁淀川町大崎340-1武田勝頼土佐の会 岡林たばこ店
 TEL/FAX  0889-20-2003
 ブロブ http://terutosi.blog.fc2.com/  メール kindsea@shirt.ocn.ne.jp  


*交流会(花見の会):終了後当会場で行います。
参加ご希望者はお申し込み下さい。会費3000円/一人
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。