FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武者行列(おなばれ)・火縄銃演舞(丸亀城鉄砲隊)

時は天正13年(1585)2月8日(系図にはこの日に着住居と)に時空を超え・戦国時代に「タイムスリップ」

_IGP0979.jpg


武者行列(おなばれ)・火縄銃演舞(丸亀城鉄砲隊)

_MG_9298.jpg

赤い御輿は美津岐(三枝夫人)様の御輿と呼ばれていて、此の御輿に鳴玉神社大神(武田勝頼公)が入って町中を巡行します。(年中行事でも有ります。武田一族関係者がこの日には参拝されます)

_MG_9299a.jpg



_MG_9303a.jpg

甲州市勝頼公祭り実行委員会から、時空を越えて参加いだいた勝頼公(中央)、岡林源勝貞24代目(初代八幡宮神官)、長宗我部元親公(高知県歴史民俗資料館)、香宗我部親泰公(岐阜現在の末裔)、片岡光綱公(越知片岡氏末裔)等々の脇役の勢ぞろい!

DSC08143.jpg

大崎八幡宮から戦国の集落(大崎)に繰り出す、武者行列(おなばれ)此より勝頼公の墓所「鳴玉神社」・及び信勝公の墓所「山の神」に向けて巡行が始まった!。

DSC08165.jpg


DSC08169.jpg


DSC08166.jpg

DSC08173.jpg


DSC08174.jpg

御旅所(鳴玉神社・勝頼三枝夫人墓所)に到着、武者揃いの前で神事「大崎八幡宮神官25代目岡林誠神官」

DSC08183.jpg

鳴玉神社神前に玉串を奉納する「勝頼公」

DSC08194.jpg

鳴玉神社裏手・勝頼公及び三枝夫人の墓所(系図には柿ノ本に葬ると・左の柿の子)、仏式にて慰霊祭を挙行。

鳴玉(なるたま)昭和10年の土陽新聞では(めいおう)と記載、鳴玉=こよなく王を呼ぶとも

DSC08201.jpg

いよいよ、本日の主役「武田信勝公の墓所」に報告に参拝!

神官による、世継ぎ式の終えられたことを墓前に報告(最終行事)が無事完了。

DSC08206.jpg


DSC08208.jpg

DSC08209.jpg


今回の主催者を代表して、玉串の奉奠をさせて頂きました。

DSC08214.jpg

武田信勝公の墓所(山の神)

この場所は、山の神と恐れられた場所(草木一本採っても罰があたると言われる場所で残ったかも)
別名、大崎五郎・大崎興左衛門・山岡勘右衛門と変名しています。


DSC08217.jpg

御輿は半世紀の年(終戦後)を経過して、この場所に巡行することが出来ました、神社の関係者のご支援によるところが大があります。
御輿はこの後、大崎八幡宮に帰り御神体が神前にお隠れになりました。


DSC08221.jpg


第2回 仁淀川こども祭り&お国自慢大会手踊り 狩山豊年おどり保存会

•第2回 仁淀川こども祭り&お国自慢大会 その8-1・・・戦国はし拳バトル

第2回 仁淀川こども祭り&お国自慢大会 その8-2・・・戦国はし拳バトル

第2回 仁淀川こども祭り&お国自慢大会 その8-3・・・戦国はし拳バトル


•第2回 仁淀川こども祭り&お国自慢大会 その7・・・段ボール甲冑(カッチュウ)

第2回 仁淀川こども祭り&お国自慢大会 その6-1・鉄砲隊演武(丸亀城鉄砲隊)
•第2回 仁淀川こども祭り&お国自慢大会 その6-2・鉄砲隊演武(丸亀城鉄砲隊



第1回全国武田の里サミットin土佐「戦国会議」10.13

    「土佐武田の里・大崎の陣憲章2012」発表  会長

1 私たち武田の里は地域間連携に努めます
1 全国武田の里は特産物の相互販売に向けて努めます
1 武田の里観光連携を強化のため「武田の里巡礼の旅路」構想調査を行います
1 土佐武田の里「大崎の陣」テーマタウン構想の具現化に努めます
1 2012「土佐武田系譜」の再興と復興を表明する

        右宣言する   平成24年10月13日
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。