スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若狭武田の里 探訪

若狭武田の里 探訪記録 2014/10/18

第30回 歴史研究会全国大会 越前若狭福井大会
*継体大王の出身地   越前福井だった!

来賓挨拶 福井県知事 西川 一誠氏
   龍馬に貸した5千両、まだ返してもらっていない・・・
c027.jpg

記念講演
  「幕末福井伝~松平春嶽をめぐる人々~」   講師:角鹿尚計先生
  「越前から皇位に就いた継体天皇伝説ロマン」 講師:青木豊昭先生
  *考古学から解説、古墳から出た金銀メッキの王冠(レプリカ)を提示。

   
c028.jpg

祝宴・交流会
千葉から参加された女流作家中津攸子様と2年ぶりに再開。
今は義経について書いているとか、中国にも足を伸ばして行ってきたとも、ジンギスカンに関する取材かも。
次は「武田勝頼について書きます」とキッパリ、土佐に来た勝頼も書いて見たいと話されていました。近く取材に来るそうです。
 

c007.jpg

来年の全国大会開催県「鳥取県」の関係者と、来年は鳥取で会いましょうと誓いました。
c008.jpg

福井新聞に高知から参加で紹介が載っていました
c031.jpg  <以下は抜粋>
c030.jpg



若狭武田氏    武田の里歴史探訪
神宮寺(福井県小浜市神宮寺)和銅7年(714)泰澄大師弟子滑元により創建と伝承、はじめは心願寺と称し、近世までは若狭鎮守一二宮(若狭彦神社・若狭姫神社)の神宮院(付属寺院)であった。かつては二十五坊を誇ったとされる。天台宗で号は霊応山。
3月2日の「お水送り」で知られ、奈良の東大寺二月堂に香水を送る神事で、若狭ではお水送りが終わると春が訪れると言われている。

若狭武田氏祈願所、若狭武田8第・武田元明蟄居の地

c024.jpg

入山拝観料一人400円でした。
舞鶴若狭道路が北陸道と接続され参拝者が増えたそうです。


c025.jpg

重要文化財の本堂
c026.jpg

発心寺(ほつしんじ 小浜市伏原)武田元光墓所
曹洞宗の寺院、大永元年(1521)、若狭守護第5代武田元光によって創建、開山は臥竜院七世の弟子「中厳宗怒」
永正十六年(1519)家督を継承、守護大名から戦国大名として変身、後瀬山城を築城、後出家する。
市指定文化財の犬追物の元光画像と元光の墓「宝篋印塔」がある。
青い目の修行僧が有名。

奥の部屋まで案内、歴代住職の位牌がある部屋まで案内頂く、何と元光の位牌と元光像を拝観させて頂いた。
写真がとれなかったのが心残り。



c014.jpg

c009.jpg

c010.jpg

c011.jpg

武田元光公の墓「宝篋印塔」
住職の話では武士より僧侶になる事を選んだという。


c012.jpg

墓の前で住職とツーショットでした。
c013.jpg

城崎温泉街
c015.jpg    c017.jpg    c016.jpg


東尋坊
c022.jpg

c021.jpg

姫路城
c018.jpg

ツーショット  少し無理がありました。
c019.jpg

関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。