スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 秋の陣 玄蕃 勝頼公祭り

2014 秋の陣 玄蕃 勝頼公祭り 完結!

心配された台風・雨はまたもや我々のイベントを避けてくれた。


擐甲の礼:第2回目(第1回目は2012年実施された)
武田家の継承式、此処では勝頼公から信勝公(甲斐武田21代目)に家督を譲る儀式を指し、土佐では天正13年2月8日(1585)にタイムスリップして、2012年「第1回全国武田の里サミットIN土佐」で大崎八幡宮神前にて執行されました。以後はこの継承式を模して行う儀式のイベント行事です。


aaaa29.jpg

*御館様  武田勝頼公役(岩本龍樹)仁淀川町大崎 池川中2年生 
*奉行役  片岡光綱公役(片岡豊涌)高岡郡越知町片岡氏末裔
*継承者  武田信勝役 (岩本侑志)仁淀川町大崎 池川小6年生
*援軍参陣及び祝砲 丸亀城鉄砲隊 香川県高松市
(讃州久米流古式砲術研究会)隊長 山本陸雄氏


aaaa21.jpg

@武田家第21第当主武田信勝公の継承式「擐甲の礼」を執り行います。
 時は今、天正13年(1585年)2月8日にタイムスリップし、大崎の陣大崎八幡宮の境内において烏帽子親「長宗我部元親公」をお迎えし、奉行立会人として片岡光綱公の同席を願い、武田家第21代当主となられる、武田信勝公の継承式「擐甲の礼」を執り行います。
・烏帽子親である長宗我部元親公より「擐甲の礼」を執り行う旨の宣告がありました。

「これより武田家第21代当主武田信勝公の継承式「擐甲の礼」を執り行う」

aaaa28.jpg

烏帽子親:長宗我部元親役の(福家徹也)氏とツーショットaaaa26.jpg


aaaa22.jpg軍師:西森氏 前県歴民館長:詫間氏aaaa23.jpg大石仁淀川町長と岡田議長

場所は大崎八幡宮
:天正14年6月15日建立が系図から確認、御正体は新羅三郎義光公・同御内室・2代目相模守義業公・治高兵衛義定公・武田形部三郎義清公・義清御内室・四郎兵衛義仲公・3代目逸見黒源太清光公・武田形部三郎師光公・同御内室・4代目武田太郎信義公・加義治郎成光公等12尊と、勝頼公・美津岐婦人・その他祭神です。


komori01 - コピー

孫たち娘と妻達も巫女として参加しています。

aaaaa02.jpg


丸亀城鉄砲隊「擐甲の礼」の礼砲
aaaa54.jpg

おなばれ
aaaa32.jpg

武者行列
aaaa33.jpg
aaaa34.jpg

aaaa41.jpg

aaaa55.jpg

aaaa35.jpg

鳴玉神社
武田勝頼公と美津岐婦人の眠る墓所として地元では伝わっている、又土佐に残された武田家系図から慶長14年8月25日64歳で逝去「柿ノ木の本に、また土居屋敷」に葬られると出てきます。勝頼は大崎玄蕃と変名し、以後後継者は山崎尾崎小崎大崎等名前を変えて現在に到っている。
aaaa37.jpg
aaaa39.jpg

神官は大崎八幡宮25代神主「長生教教会長岡林氏」
aaaa38.jpg

鳴玉神社横では、丸亀城鉄砲隊の礼砲が響く!
aaaa36.jpg

aaaa70.jpg
aaaa57.jpg


「おなばれ」は街中を巡行して大崎八幡宮へと帰って行く。
aaaa42.jpg

今年は獅子馬(ししんま)が数年ぶりに出された。(人材不足)
aaaa44.jpg

玄蕃祭り(手踊り)の象徴である、シンボルの「花台」のお祓い
飾られた花は無病息災と村人達は奪い競って持ち帰る。

aaaa45.jpg

「ししんま」は噛まれたら病気に成らないと言われている。
しかし子供は怖がる! 昔もそうだったなー!

aaaa43.jpg
キャラクター「かつよりくん」着ぐるみ
出生:平成21年10月10日武田勝頼没後400年祭秋の陣
出身:武田の里大崎の陣大崎八幡宮武田勝頼公のことです。
着ぐるみ:2012年秋の陣「第1回全国武田の里サミットIN土佐」でデビュー。

aaaa46.jpg
aaaa47.jpg

           戦国広場
aaaa48.jpg
aaaa63.jpg

           戦国会議
開会の言葉 武田勝頼土佐の会 会長
戦国の集落、4年前の400年祭の会場で発表したテーマタウン構想、戦国の集落をイメージした町づくりを宣言しました。以来、高知県の観光ガイドブックにも掲載され龍馬パスポートや、県外からのガイド訪問者が来町するようになりました。武田の里大崎の陣には誇れる観光資源が有ります(武田勝頼公の墓所、2つ目が武田信勝公の墓所、3つ目が大崎八幡宮に鎮座する武田家始祖12尊の正体)です。全国の武田の里としての観光資源として誕生してから3年あまり、広域観光拠点の街づくりが開花しようとしています。今後、広域観光の連携を確実なものにして行くには、武田の里として特色のある町づくりイベントを定着する必要があります。其れには官民を挙げての取り組が必要だと感じています。
大崎のこの場所が仁淀川町の中心地に成ろうとしています。明るい未来に期待しまして開会の挨拶と致します。

仁淀川町長 大石弘秋氏の挨拶

aaaa74.jpg

仁淀川町議会議長 岡田良成氏の挨拶

aaaa73.jpg

丸亀鉄砲隊 最後の火縄銃演武です。迫力満点!!
aaaa69.jpg

aaaa68.jpg

フィナーレは玄蕃踊りで幕を閉じた・・今年もありがとう!
aaaa62.jpg
aaaa64.jpg
aaaa65.jpg

御朱印 鳴玉神社・大崎八幡宮参拝祈念に!
武田の里 大崎の陣“まいさるく”ガイド案内所で販売しています。
   各種一枚300円  2枚セット500円


   img0662.jpg  鳴玉神社         img0682.jpg  大崎八幡宮

a126.jpg 最後の武田 土佐に生きた勝頼公 ネットで販売中
来年(2015年)「秋の陣 玄蕃 勝頼公祭り」は10月10日(旧暦8月28日)土曜日を予定しています。多くの武者達の参加をお待ちしています。

お問合せ:武田勝頼土佐の会 電話FAX:0889-20-2003マデ






関連記事
スポンサーサイト

玄蕃祭り&秋の陣

秋の陣 玄蕃祭り 勝頼公祭り 準備に忙しい日々

イベント会場のマップです「大崎の陣」
今年は「2回目の睘甲の礼」一昨年から規模縮小です!

b102.jpg

一つだけある本物の甲冑です。
勝頼役か信勝役に使いたいと思っています。少し小さいです!
aaa41.jpg

夏の暑い時期に花造りが始まります。
aaa43.jpg

切り抜いた花びら「打ち抜きの金具は昭和30年頃の骨董品です」
制作者は60年ほど前ブラジルに移民した故岡林亀次郎氏です。
aaa42.jpg

竹ひごは孟宗だけの切り出しから、輪切り、割り、等作業は大変です。
目標は400本
aaaa01.jpg

インクで染めた(コツがあります)花びら2枚にコヨリを差し込む作業
(神経衰弱)役1800本
aaaa02.jpg

花びらを5個ずつ竹ひごに紙テープで巻き付けて仕上げます。
(人海戦術、一晩で仕上げました)
aaaa03.jpg

ほぼ完了前の追い込み午後9時少し前です。(基幹集落センターにて)
最終的に365本できあがりました。(コヨリが足りなかった)
aaaa04.jpg

14日午後3時大崎八幡宮に集合、倉庫から材料を選別して積み込む!
運搬→基幹集落センターまで運ぶ。
aaaa10.jpg

組立材料が合わない、1時間半ほどああでもない・こうでもない
ワイワイ議論してようやく組立に掛かった
aaaa11.jpg

夕方6時ごろようやく組立が終了「ご苦労さん」aaaa12.jpg

本日15日甲冑の試着を行いました。
第二回擐甲の礼:武田勝頼公(中学2年生)・武田信勝公(小学校6年生)
aaaa13.jpg
関連記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。